HOME > バリ島へ行こう > チェック・アウト

Island Yossy バリ島旅行情報 バリ島へ行こう

チェック・アウト

楽しかったバリの最終日、帰りの身支度を整えて まずはホテルのチェック・アウト。
チェック・アウトの時刻というのは決まっています。レイト・チェック・アウト をリクエストしていなければ、ほとんどのホテルではお昼の12時ですね。


フロントに電話して今からチェックアウトすることを伝え ポーターに来てもらうよう頼みます。
Room Number 100. Please Porter and check-out.
こんな感じですかね? 部屋番号とポーター(ポーラーと言ったほうが通じるかも)チェックアウトという言葉さえ通じれば 何とかなります。


ポーターに荷物を頼んだら フロント(レセプション)に行ってルームーキーを渡して精算です。
ミニバーやレストランなどホテル内で利用したリストがプリント・アウトされて提示されますから 自分が利用したものに間違いないかチェックをして支払いです。
レシートは受け取って持ち帰りましょう。


チェック・アウトの時間の目安は、ほとんどの人が帰りの送迎を手配されているでしょうから 迎えに来てくれる待ち合わせ時間の30分くらい前にはフロントで精算ができるくらいに、精算も少し時間がかかることもありますからね。


空港へと出発する時間は(現地係員が迎えにくるのであれば係員が決めてくれるでしょうが)最近のバリ島人気と出発便のエアーの時間帯が集中していることから オフシーズンであっても帰りの空港は結構混みあってます。
(空港の入口でのセキュリティチェックとイミグレが混みあいます)
日本での空港到着と同じように 空港への到着時刻の目安は エアー出発時刻の2時間前 ですが、空港でのDFSショッピングを楽しみにしている人、プラザ・バリなどでの買物の受け取りがある人(受け取りカウンターも混みあいます)などは 3時間くらいにするとよろしいでしょう。
バリに到着したときの空港の混み具合を目安にして、それ以上に帰りは混みあうと考えてください。


もし空港到着が遅れて 出発時間が迫ってきたら...
エアー会社のチェックイン・カウンターへの到着が出発1時間前がギリギリかな?
そんな時は最後の手段? 近くの空港係員を探すか、空港入口までズカズカと進んでいって 係員やセキュリティに航空券を見せ「遅れそうだ」と伝えましょう。
この時に5万ルピアくらい渡すと間違いない。「ほら通れ」って感じで列が続いていても通してくれます。(チップやワイロは有効に使わないとね)
まあ 裏技的に知っておけば安心でしょ?
計画的に余裕を持って空港に到着するようにしましょう。


荷造りでの注意
JAL とガルーダのエコノミーの場合 スーツケースなど預け荷物のリミットは一人当たり20kgまでです。 チェックイン・カウンターの係員にもよりますが )日本出発の時はOKだったエアー会社サービスの +5kg はダメなことがあります。
これを超えちゃうと別料金の支払いが必要になりますので、重いものは持ち込み荷物に入れちゃうとか対策を練った方がいいですね。( 水分のある物は没収となるし、塩なども不審なものと疑われる可能性があるので注意 )


また 1個あたりの荷物は32kgまで という制限もあります。(空港係員が腰を痛めるというのが理由らしい)
普通のスーツケースだと陶器とか石とか詰め込まない限り そんな重量にはならないけれど、お土産が多くて心配な人はホテルでスケールを借りて量っておくと間違いないですね。

コメントする

名前:**必須
メールアドレス:必須ではありません
コメント:**必須
送信確認:入力内容を確認してチェックを入れて送信して下さい
←ここをチェック
HOME > バリ島へ行こう > チェック・アウト